このウェブサイトについて

ようこそ

関数型玩具製作所へようこそ。同製作所は、「難しい文章」を「分かりやすく読む方法」について開発を進めています。

分かるとは分けること

より具体的には「色」を使って文章を「分ける」技術を開発しています(タップハイライト)。これにより難しい文章を「分かる」ようにします。面白いことに、文章が難しければ難しいほどハイライトが有効になります。例えば、教科書、論文、外国語学習、法律、数学といった分野は、タップハイライトが得意とする領域です。どうしてそうなのか、理由はもう少し先に書いてます。まずはタップハイライトとは何か、ご紹介します。

 

タップハイライト拡張

「文章中の単語をタップするだけ」で、同じ単語を同じ色のマーカーに自動で変えます(下記動画)。

動画:タップで簡単にハイライトを実現

Video file

一見、シンプルですが意外にも新しい技術です。例えばWebブラウザでは標準実装されていません。これは技術的に凝った前準備が必要だからです(特許出願中、特願2022-021675、特願2022-110074。いずれも公開前)。検索語にマーカーを引くことはありますが、キーボード文字入力が必要(読書からの集中が途切れる)であったり、一つの単語限定だったりします(下記動画)。

 

動画:キーボード(左) v.s. タップハイライト(右)

Video file

「文章中の単語をタップするだけ」が大事です。極めてシンプルですが、それ故に応用の幅は広いです。

 

難しい文書をタップハイライトでかんたん攻略

教科書、論文、外国語、法律、数学等の難しい文書ほど、タップハイライトが有効です。

難しい文章が難しい理由(論文、教科書)

より詳しく知りたい方は、以下を参照ください。

外国語の勉強方法

法律系文章の読み方(近日公開予定)

 

Appストアにて配信中

ブラウザ拡張(「タップハイライト拡張 - PPL」)を用意しています。インターネット上のほぼ全てのページ(文章)で利用可能です。

新しい読書感をお約束します。

 

Appjp

Apple Appストアへ

説明書は、こちら

 

電子書籍サンプル、PDFで遊ぶ

体験用サンプル、用意できました。

実際の電子本(私が執筆)や、ご自身のPDFを変換して体験することが出来ます。

前者はタップハイライトの理論的背景や元となった業界の技術についても詳しく触れています。