トップページ

【ようこそ関数型玩具製作所へ】

【アップデート(2024年度上期予定)】Safari拡張版タップハイライトについて、2024年度上期のアップデートを目標に開発を進めています。オートハイライト機能が搭載されます。もうしばらくお待ちください。

 

ようこそ、関数型玩具製作所のホームページへ!私たちは、読書を楽にするソフトウェア技術に特化した開発をしています。この技術は、もともと特許分野で扱われる難解な文章を解析するために開発されたものですが、その応用範囲は広がりつつあります。

創設者である私は、かつて特許の分野で働いていましたが、この技術が一般の文章にも応用可能であると確信し、ソフトウェア技術の開発に乗り出しました。特に、教科書や参考書、論文、公文書、契約書、製品マニュアル、仕様書、政治経済に関する難しいニュースや技術的な専門文書など、難解な文章ほど本技術と相性が良いと言えます。

また、外国語学習にも有効な技術であるため、日本語や英語など各言語の特徴を引き出し、それぞれの得意な点や不得意な点を補完しながら、学習を促進できます。

WebページやPDFに対応しています。

まずは下の動画を見ていただけたら、です(ちょっと駆け足の説明でごめんなさい、気になるところで一時停止して読んでもらえると幸いです)。

これまで一人で開発を進めてきましたが、今後は多くの人の意見を取り入れて、より面白くて使いやすいソフトウェア技術を開発していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします!

 

【製品紹介:タップハイライト読書拡張】

 

Video file

 

従来のハイライト方法では、キーボードを使ってキーワードを指定する必要がありましたが、当ソフトでは読み進めるだけで、自動的に重要な言葉をハイライトしてくれます。また、手動でハイライトしたい単語がある場合も、表示されている単語をタップするだけで簡単にハイライトができます。

キーボードを使わなくてもハイライトができるため、読書に集中しながらハイライトの恩恵を受けることができます。さらに、ハイライトされる色は、単語同士が区別しやすいように自動で最適な色が選択されます。

特許検索の文脈(キーワードが検索クエリ、つまり予め設定されている)ではすでに広く使われている技術ですが、キーワードをAIが自動抽出することで一般の文章を読む文脈(何がキーワードか読む前にはわからない)でもハイライトの恩恵を受けられます。

また、特許検索では特許文献という特定の文章に限定されていましたが、WebやPDFなどの汎用的なデータにも対応しているため、特許以外の分野の文章でも広く活用できます。

さらに特許検索の文脈では専用のソフト、それもWindowsパソコンに限定されがちですが、タップハイライト拡張はブラウザー(Chrome、Edge、Safari、Firefoxなど)という汎用的なソフト上で動作し、WindowsパソコンだけでなくMac、Linuxも対応し、さらにスマホやタブレット(iPhone、iPad、Android端末)でも動作します。

現在、上記動画でハイライト操作のデモンストレーションをご覧いただけますが、実際に体験できるサンプルも用意しております(下のサンプルコーナー)。

ぜひ「タップハイライト読書拡張」を体験してみてください。読書の効率と楽しさを向上させましょう!

 

【サービス利用方法(ご提案)】

(1)文章を配信される方

「タップハイライト読書拡張」は、既存のWebページやPDFにハイライト機能を簡単に追加できるソフトウェアです。読者はブラウザ(Edge、Chrome、Safariなど)だけでハイライト機能を利用できます。特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。

例えば、社内で配布するPDF資料、ホームページでお客様にお見せする案内用PDF、製品マニュアルPDF、プレスリリースなどのニュース、電子小説や技術ブログなど、幅広い用途でご利用いただけます。

また、タップハイライト読書拡張は、高度な計算を実行していますが、外部サーバーとは一切通信していません。これにより、読んでいる文書のプライバシーが完全に保護されるため、社内の機密文書や個人的な閲覧も安心して利用できます。この機能は、ユーザーのプライバシーを最優先に考慮した設計になっています。

リーガルテックサービスを提供している方にも、タップハイライト読書拡張は大変有益です。既存のハイライト機能を強化し、文書の解析や情報収集をより効率的に行うことができます。この柔軟な技術を活用し、読書体験を向上させましょう。

 

(2)文章を読む方

ブラウザ拡張機能を提供しております。これにより、インターネット上のほぼすべてのページ(文章)でハイライト機能を利用できます。Apple App Storeにて、iPhone、iPad、Mac向けのアプリケーションが入手可能です。また、WindowsやAndroidなどの他のプラットフォームについても、個別対応が可能です。

【注意】現在、上の動画でお見せした自動ハイライト機能は上記のブラウザ拡張では利用できません。マニュアルタップハイライトのみです。ご注意ください。しかし、アップデートを予定しております。自動ハイライト機能追加だけでなく、劇的な速度向上を含む大型アップデートです。

 

【 共同開発など】

本技術を組み込んでサービス展開されたい方、企業の方、是非お気軽にご連絡ください。他にも教育関係の論文の題材にも使えるかも知れません。

現状ではどの分野に応用可能な技術か、需要がある技術かを模索している段階です。

 

【 サンプル】

こちら

">